ウォールアートにアーティストの作品を!インテリアにアートを取り入れるポイント

about

ウォールアートと聞くと、街中の壁をキャンパスに描いたアート作品を思い浮かべる方は多いでしょう。しかし、こういった壁画は「ウォールペインティング」であり、ウォールアートの一部です。こちらでは、ウォールアートについてご紹介します。また、アート作品の飾り方もご紹介しますので、アーティストの作品をインテリアに取り入れたいとお考えの方はぜひ参考にしてください。

ウォールアートとは

ウォールアートとは

ウォールアートとは、「壁の芸術」です。壁をキャンパスとしてペンキやスプレーなどで絵を描くアートはもちろんですが、絵画や立体造形、オブジェ、写真など様々なアートを組み合わせて壁面を装飾・演出する空間演出手法をウォールアートと言います。

つまり、「賃貸だから壁に絵を描くことができない」「絵が下手だからウォールアートを作れない」と諦めていた方でも、絵画や立体造形、オブジェなどのアート作品を飾ることで、ウォールアートを楽しむことができるということです。ウォールアートによって壁を飾ることでお部屋の雰囲気がガラリと変わりますので、ぜひウォールアートを楽しんでみてください。

インテリアにアートを取り入れるポイント

インテリアにアートを取り入れるポイント

お部屋の中で大きな面積を占める壁。そこに絵画や写真などのアート作品を飾ることで、お部屋をおしゃれな空間に演出することができます。
こちらでは、絵画や写真などの飾り方をご紹介します。

同じサイズで構成する

最も簡単なのは、同じサイズで構成する方法です。どんな空間にも使え、すっきりとした印象に仕上がります。飾る際には、間隔を一定にするのがポイントです。また、まっすぐ並べるのではなく、少しずらして飾れば印象が変わります。

異なるサイズで構成する

特別な雰囲気にアレンジしたいなら、異なるサイズで構成するのもおすすめです。大小異なるサイズの作品を飾ることで、ユニークで遊び心のある空間になります。バランスよく並べるのもいいですが、あえてアンバランスに飾るのもいいでしょう。その際、大きな絵を中心にして、そのまわりを細かい絵で囲うように配置すればまとまりがあるように見えます。

飾り棚の上に立てかける

賃貸などで壁にキズをつけられないという場合、棚に立てかけるのもおすすめです。飾り棚であれば他のアーティストの作品と一緒に飾ったり、あえて作品同士を重ねて置いたりと、様々なアレンジができます。

アート作品を購入したい方とアーティストをつなぐオンラインショップARTiATE

ウォールアートは、どんなものをどんなふうに飾るかでお部屋の雰囲気をガラリと変えます。「海外風インテリアに憧れている」「何かもう一つインテリアがほしい」という方は、ぜひウォールアートをご検討ください。

ARTiATEは、アート作品を購入したい方とアーティストをつなぐオンラインショップです。「心を揺さぶるアートをそばに、自由に対話する楽しさをすべての人へ」と届けます。提携アーティストの版画や絵画、写真などのアート作品を販売しています。アーティストによっては掲載していない作品を購入することもできますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

アーティストのウォールアート商品をお求めならARTiATEへ

屋号 d4
サイト名 ARTiATE
住所 〒710-0046 岡山県倉敷市中央2丁目13−3
電話番号 050-5375-8270
メール hello@artiate.com
URL https://artiate.com/ja